格ゲーマーの読書記録とその他いろいろ

カミヅキ記録帳

目標は毎日更新。読書の記録、映画の記録、ゲームの話、平沢進、ALI PROJECT、日々の雑記。

アホな話を読みたいときの最適解:夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦 感想【読書記録】

これは良い意味で捉えてもらいたいのですが、酒を飲みすぎたときに見る幻覚症状のような小説でした。

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 作者は森見登美彦さん。京都大学の御出身で『夜は短し歩けよ乙女』も京都が舞台になています。一応、前作に当たる四畳半神話大系と舞台や一部の登場人物は繋がっていますが、繋がりは『前作を読んでいるとニヤリとする』程度です。

 

あらすじ

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。

けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。

山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。

 

Amazonより引用

 夜は短し歩けよ乙女。思わず口ずさみたくなるこの素敵なタイトルは吉井勇作詞の『ゴンドラの唄』冒頭からとられているそうです。
Amazonのあらすじには『キュートでポップな恋愛ファンタジー』などと書かれていますが嘘です。実際のところストーリーはあって無いようなものです。

京都の町で酒を飲み歩いていたら天狗を名乗るおじさんが現れて京都を牛耳るボスと光る電車の中で酒の飲み比べ勝負をするとか、欲しい本を手に入れるために古本市の神様に導かれるままに泣いたり噎せたりしながら火鍋を食べるとか、そういうふにゃふにゃとしたアホでカオスな短編が4つ収録されていて1冊の本になっています。

しょーもないことを聞き慣れない故事成語やもったいぶった言い方を使って大袈裟に表現する文体もこの本の魅力です。

冒頭からちょっと本文を抜き出してみます。

これは彼女が酒精に浸った夜の旅路を威風堂々歩き抜いた記録であり、また、ついに主役の座を手にできずに路傍の石ころに甘んじた私の苦渋の記録でもある。読者諸賢におかれては、彼女の可愛さと私の間抜けぶりを二つながら熟読玩味し、杏仁豆腐の味にも似た人生の妙味を、心ゆくまで味わわれるがよろしかろう。

森見 登美彦. 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) (Kindle の位置No.20-24). 角川グループパブリッシング. Kindle 版.

物語は『先輩』と『黒髪の乙女』の視点を交互に交えながらテンポよく進んでいきます。

そして文体は最初から最後まで、徹頭徹尾ずっとこんな調子です。むしろこの文体から醸し出される楽しげな雰囲気が全てと言っても過言では無く、そこが逆に人を選ぶポイントやもしれぬと思います。

肩肘張らず気楽に読めるので、アホな話を読みたい夜には最適な本です。おすすめ。

 

あと、この本は現在キンリミで読み放題対象の本なので(20/9/29現在)、電子書籍派の人はキンリミで読むとお得です。

今なら月額980円のところ、3か月で99円キャンペーンもやってるみたいなので是非是非。

 

 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 

 

 

)