格ゲーマーの読書記録とその他いろいろ

カミヅキ記録帳

読書の記録、映画の記録、ゲームの話、平沢進、ALI PROJECT、日々の雑記。目標は週2更新。

【ライブ感想】ALI PROJECT 2020 人生美味礼讃~生きることを貪れ

f:id:CAMDUKI:20201001095321j:plain

僕がライブに行くといつも最後列に近い場所なのですが、今回はライブ配信をしてくれたのでPCの画面越しとはいえ普段見れない細かい動きとか片倉さんの手元が見れて楽しかったです。

今回のライブ配信は料金さえ支払っていればしばらくは見直し放題なので、期限が切れるまでは堪能しようと思います。これを機にこれからもライブは有料配信してほしいですね。

配信期限が切れた後にもライブのことを思い出したいので、MCも可能な限り正確に文字起こししています。

MCのところの青字で書かれた部分は僕の感想です。

※2時間かけて書き起こしたのに、そのまま載せたらブログが読みにくくなっただけなので後で要約に差し替えました。書き起こしが読みたい人はツイッターにDMくれたら全部あげます。

 

 

 

出囃子

メンバーが登場する際に流れていた出囃子は聞き覚えのない曲。多分オリジナル曲です。華々しさと緊張感を兼ね備えたアリプロらしいストリングスを交えた曲でした。

アリカさんの衣装は黒衣の貴婦人みたいな感じで、片倉さんは水玉模様のシャツです。

ヴァイオリンガイズの格好はギャルソンをイメージしたとのこと。

後ろのセットはバーをイメージしたカウンターが作られてました。

 

毒味役

オープニングナンバーは予想通り毒味役。

声の調子めっちゃ良さそうで安心しました。

アウトロの部分にヴァイオリンのアレンジが入ってたのが良かったです。

 

狩猟令嬢ジビエ日誌

なんかCDで聞くよりも全然迫力ありましたね。ちょっと別の曲に聞こえるぐらいには迫力ありました。

あと、歌ってる最中のアリカ姐さんの眼力がむちゃくちゃ強かった気がw

 

MC

「様々な危険と菌を潜り抜け、本日はようこそおいでくださいました。今宵は色々なお料理をご用意いたしております。でもまずは最初に甘美な毒の一滴(ひとしずく)を。さあ、言葉に毒を盛ろう。君の代わりに。Poisoner」

 

最近、アリプロのライブでこの芝居がかった前口上多くなりましたね。Fantasiaのときは幻想庭園の歌詞の引用でしたっけ確か。

 

Poisoner

前奏中にアリカさんが黒衣を脱いでCDジャケットと同じ白衣に黒手袋を付けた格好に。

「君にだけ外す手袋」の部分ではお馴染みの手袋を外す仕草をしてくれました。

もちろん「喝采トクシコロジー」の部分で手を叩く仕草もしてくれましたよ。

f:id:CAMDUKI:20201001095314j:plain

それとドラァグクイーン登場。今回はインガさんとおりぃぶぅさんのお二人。

アリカさんと同じような白衣を着ています。白衣に塗られていたペンキのような汚れは蛍光塗料で塗られていたようで照明の具合によって妖しくペンキ部分が光ります。

youtu.be

それにしても白衣を着たアリカさんが、どことなく『肉屋のように』の戸川純みたいに見えるような。

CDに収録されているPoisonerよりも、今回のライブのPoisonerは弦の音が増えて妖しい色気が増えていました。

アリカさんの声もCDより太くて格好良かったです。特に冒頭の「黒革の~」の部分が。

ライブ音源を収録したライブCD出してほしい。

 

MC

ステージについての説明

・客席がコロナの影響で1席ずつ空いてるので市松模様に見える。ステージにも市松模様はあるが、1階の人は見えないかも。貴族の邸宅には市松模様の床が必ずあった。

カメラではステージのどこに市松模様が使われてるかわかりませんでした。

・ステージのセットはパリのビストロ(聞き取れず)をイメージしたが、これじゃ完全にバー。大好きなお酒のアブサンが置いてない気がする。持って来れば良かったわ。

・片倉さん飲んだらダメですよ?

生配信について

・不思議な気持ち。

・生配信だから気を付けるけれども不適切発言へのクレームは受け付けません。政治家や有名人がすぐ謝るけれども、私なら絶対謝らない。でも何かマズいことを言ったら片倉さんが「いやあ、タカラちゃん。そこはさあ、謝った方がいいよ」って絶対言うと思う。(片倉さん無言で立ち上がって謝罪するように頭を会場に下げる)

・「会場の皆さんにはライブという美味しい空気を存分に味わっていただこうと思います。さあ、晩餐を共にしよう。愛すべきグルマンディーズ。人生美味礼讃」

 

 

人生美味礼讃

アリカさんが手に大きめのフォークとスプーンを持って歌います。

それにしてもライブ配信だとヴァイオリンの音がよく聞こえて嬉しい。

「今日も求めて彷徨う」の部分で微かに聞こえるヴァイオリンの音が良いんすよ……。

アリカさんの歌い方も相まって原曲よりもちょっと狂気っぽく聞こえる気がします。 

 

茸狂乱美味礼讃

さっきまでアリカさんが使ってたフォークとスプーンは片付けて、代わりに手にはお玉を持っていました。キノコ鍋を取り分ける用でしょうね。

キノコの名前を言うところのアリカさんの声がキュートでした。

ドラァグはお馴染みのキノコっぽいコミカルな踊りをしています。

「女主みずから~」の部分でアリカさんが半笑いになってむせてたんですけれども、何かあったんですかね。カメラじゃわからずでした。

 

MC

茸狂乱美味礼讃

・キノコが好きなときに作った曲。最近キノコ鍋高い気がする(小声)

アルバムについて

・毎年9曲10曲新しい世界を作り出すのは、毎年やってるとちょっと辛いと思うときがあるので、今年はちょっとズルをして新曲は5曲にした。

・聞くとお腹いっぱいになってダイエットにいいかもしれませんが、いっぱい食べたくなる人もいるかもしれない。

・肉プリントの衣装はやりたかったけれどもガガ様が先に生肉でやっちゃった。でも10年経ってるのでやった。オリジナルプリントで、お肉屋さんでお肉をいっぱい買ってそれを撮って、組み合わせてデザインして生地にしてドレスにした。

・本当は肉屋の冷凍庫の中で撮影したかったけれども衛生上の問題でNGだった。じゃあ上海とか北京とかの市場のすごい汚いドルチェ&ガッバーナみたいに撮りたいと言っていたら、とても海外旅行なんて行けなくなってしまった

今後の展望

・ちゃんこ鍋の歌を作りたい。あとご当地グルメソングとか。あと闇鍋の曲を作りたい。僕たちはこの時代に何を食べてるんだろう、みたいなそういう社会的な問題を突きつけるようなものもいいかなと笑

ヤプーズYAPOOS)を歌いたかった

・今回ヤプーズYAPOOS)の肉屋のようにをカバーしようと思っていたけれども、私はいかんせん戸川純が好きなので、戸川純を超えることが出来ないと思ってやめた。そしてアリプロ初のパンクを片倉さんに作ってもらった。

・徳間ジャパンさんで亜無亜危異(アナーキー)という大物のパンクバンドがCDを出している。高校生の頃にすごく好きだった。その亜無亜危異の前座でこの曲をやらせてほしいと今言っているところだけれども、絶対に断られると思う。今日はパンクデビューということでパンクを歌いたいと思う。

パンクロックの奴隷

パンクロックの奴隷

  • アーティスト:亜無亜危異
  • 発売日: 2018/09/05
  • メディア: CD
 

 ・自分の声はあまりパンクに向いていないので、お嬢様が格好つけてパンクを歌ってみたわ、みたいな上品な雰囲気が消せないのが残念。

 

ちゃんこシリーズは流行世界のライブのときから言ってる気がしますね。もうあれから6年か……。

 

お毒味LADY

最初のライブはPoisonライブだったなあということを曲を聞きながら思い出してました。

今回は「調合一壜」のところのコブシっぽいところが素敵でした。

あと、「タナトフォビア」の発音がCDとちょっと違って僕は好きでした。

 

喰らう女

冒頭と曲の途中に「COME ON((かまぁん)」とCDに無い色っぽい掛け声が。

そして曲の最後に「さんきゅー!」と言って終わりました。

アリカさんのイメージするパンクバンドを再現してるんでしょうか笑

最初聞いたときはちょっと微妙かなと思ったんですけれども、アルバムを聴き込んでいくうちにすごく好きになった曲です。

 

MC

喰らう女

・喰らう女の歌詞は気に入ってる。でもパンクの曲で咀嚼とか言わなそう。

恋愛分子ガストロノミー

・分子ガストロノミーという料理を昔パリで食べたけれどもピンと来なかった。

・分子ガストロノミーをアリプロ風のシュールレアリスムな絵画みたいな味付けをしたのが恋愛分子ガストロノミー。

 

恋愛分子ガストロノミー

今回のアルバムで一番好きな曲です。

「眼差し見つめて」の音の数が増える場所のメロディが原曲よりも格好良くなってました。弦の音だけでこんなに格好良くなるのかな。それともヴァイオリン以外に別の音を足してたりするんだろうか。

 

片倉コーナー(3分クッキング&運命)

アリカさんがお色直しに行っている間のお馴染み片倉コーナー。

いつもはアルバムに収録されているインスト曲を流しているのですが、今回のアルバムにはインスト曲が無いので別の曲が流されました。

それがまさかの『キューピー3分クッキング』のテーマのアレンジとベートーヴェンの『運命』のアレンジ。流れたときちょっと笑いました。どうしてこれもCDに収録してくれなかったんですか。

この曲の最中にドラァグは食べ物のぬいぐるみをせっせとステージに配置してました。

 

Maison de Bonbonniere

肉ドレスに着替えたアリカさんが曲の前奏中に、まるでグレーテルのようにドラァグの配置したぬいぐるみを拾い歩いて登場。

f:id:CAMDUKI:20201001095321j:plain

ツイッターで「グレーテルアリカ様かわいい」って言われてました。

 

桃色天国

CDの原曲よりも声が出ていました。

「登ってヘヴン!」のところとか特に。

その迫力にちょっと感動して何故か泣きそうになりました。

 

MC

小道具のお人形について

ヴィオレッタオペレッタのときの人形(会場にはアリカさんと同じ肉ドレスを着た人形が置いてある)、あの頃はあの子がすごく可愛かったけれども、もう今はあまり可愛くない。

お肉の話

・恋する和牛は、タイトルだけ聞くと和牛がなにかに恋をしてどうたらこうたらというストーリーを想像した人もいたと思うが、単に和牛を叫ぶ歌。

・子どもの頃からお肉が大好きだったらしい。1歳2歳のときに鳥のもも肉が好きで一本ぺろりと平らげていたので、『アリちゃん、そがん鶏肉ばっかり食べおったら今に羽が生えてくるよ』と言われた。鳥になるのは嫌だ。

・もうちょっと大きくなってからは、馬肉を食べて育った。『アリちゃんそがんお肉が好きだったらお肉屋さんにお嫁に行ったらよかたい』と言われたが、まあそういう人生も良かったと思う。

恋する和牛

恋する和牛は、別に和牛じゃなくても良かった。でも歌詞にするときに和牛にすると書きやすいと思った。

・芦屋出身のヴァイオリンの杉野裕さんが「神戸牛でバーベキューしましょうようちで!」とよく言ってたので1番に神戸牛を入れてみた。

・GYU!GYU!はライブでみんなに掛け声を言ってもらうつもりで作ったが、この状況だと掛け声を出してはいけないので心のなかで言ってほしい。

・今日あかちゃん牛ぐるみぃをお持ちの方はドラァグと一緒に振付をやってほしい

「GYU!GYU!(振りが上手く出来ないアリカさん)、私どうしても覚えられないんですけれども」

・ぐるみぃを持っていない人はこれが牛のマークらしいので(片手で狐のような形を作る)、これでやってほしい。

・「実家のシャム猫ハナコちゃんの紐を借りてきました(牛ぐるみぃの首にひもがくくられてる)」

・次の曲は恋する和牛と昭和B級下手喰い道。おもしろコーナー。

 

恋する和牛

早速GYU!GYU!の振りを上手く出来なくて歌に支障が出るアリカさん笑

途中からはちゃんと出来てたと思います笑

間奏では牛ぐるみぃを持ちながらぐるりと一周その場でターンしてました。

ぐるみぃの首締まってますよそれ。 

ドラァグも再登場。肉プリントのエプロン着けてました。

 

昭和B級下手喰い道

『おもしろコーナー』とひとくくりにされてしまった昭和B級下手喰い道です笑

声の伸びが良かったです。

 

MC

・メンバー紹介

・ストリベリーパイをお食べの歌詞の解釈について以前から色々あるのは知っていた。この間インタビューで「全然そんなこと考えてないし」みたいな発言をしてすごく後悔した。歌詞の解釈というのは人それぞれ。

 

ストロベリーパイをお食べ 運命編

僕が買ったのは限定版なので、このバージョンのストリベリーパイをお食べを聞いたのはこれが初めてです。

思った以上にがっつり運命をオマージュしてるんですね笑

昔歌ってたときよりもだいぶ上手くなってますよね?

なんだかアイドルの曲みたいでアリプロのライブに似つかわしくない感じがあって面白いです。

 

聖少女領域

初心者向け枠。

肉ドレスでこれ歌ってるのがシュール。

この曲はもうアリプロにハマったときに飽きるほど聞きましたわ。

何回聞いても良い。

 

MC

ストロベリーパイをお食べ

・ストロベリーパイをお食べはこんなポップな曲調で嫌いと思っていたが、最近はすっかり楽しくなった。

音楽について

・影山さんが「こんなときこそみなさんに元気とパワーを与えられたらと思います」って言ってて感動した。普段特別そういう意識で音楽をやっていないけれども改めて音楽について考えた。

・敢えてそれを言葉にしなくても、聞いている人は色々考えてくれているはず。

・でも次の曲は元気の出る曲では無い

 

或る修道士の告解

コーラスがいつもより豪華に聞こえたような。

音響が良いせいでしょうか。

 

La Fee Verte ~アブサニストによる音楽的試み

アリカさんがおそらく緑の妖精をイメージしたレースを手に持ってるんですけれども、肉ドレスのせいでレタスかサンチュに見えるんですよね……

とてもきれいな歌でした。

この曲のあと、一旦退出。

 

MC

 

・次は「ウイスキーがお好きでしょ♪」みたいな曲を歌いたいと片倉さんに言って作ってもらった曲。シロギツネが竹林の奥でお店をやってるイメージ。

 

BAR酔芙蓉へどうぞ

アンコール1曲目。

アリカさんの衣装はシロギツネを模したものに。

お毒味LADYよりこの曲の方が人生美味礼讃っぽい気が。

何だか歌うアリカさんから高級クラブのママ感が出てます。……いい意味で言ってますよ?

 

MC

酔芙蓉について

・酔芙蓉という花はだんだん薄紅から赤くなる。それを酔っぱらう女の人にたとえてる。これは倉橋由美子の小説の中によく出てきた。

サブスクについて

 ・前は配信なんかは絶対イヤとかCDとしての一個の作品なんだから音だけバラバラに売るのはやだって言ってた時期もある。更にその前はカラオケなんかにしてほしくないなと言ってたころもありますね。10年ぐらい前に。

桂冠詩人のときですね。当時はファンからかなり苦情のメッセージが来たらしいです。

 ・今は平気。時代遅れのババアになんかなりたくないので、時代に沿ってやることはやる。

・いつかハイレゾでも出したいがお金かかる。

今後の予定

・来年はちゃんとお客さんをもっと入れて普通のコンサートが出来るようになるかもしれない。一応1月ぐらいにコンサートをやろうと思ってる。

・CDを出したからコンサートをするんじゃなくて、単体でコンサートをやる。新春アリプロヒットメドレー。

 ・おうちに帰るまでがコンサートなのでマスク手洗いうがい馬鹿騒ぎをしない。そういう一日で終わってほしい。

 

暗黒サイケデリック

アンコール2曲目。

 サイケデリックインサニティのアルバムに使われてる音良いですよね。

この曲の元気でサイケデリックな感じとアリカさんの白の綺麗なドレスがマッチしていたように見えます。

 

最後にみんなで横並びになって、お客さんにお礼を言うときに「手をつないだらいけないんだよ!」と言うアリカさんが可愛かったです。

 

 

関連記事

camduki.hatenablog.com

 

camduki.hatenablog.com

 

camduki.hatenablog.com

)